2008年03月26日

10 源泉かけ流しの宿

10 源泉かけ流しの宿
志賀高原 ホテル一望閣(長野県>熊の湯ほたる温泉)
正面に志賀高原のシンボル「笠岳」を望む。湯の花浮かぶ、白濁の天然硫黄泉が自慢。標高2,305m、横手山の裾野に広がる「熊の湯ほたる温泉」に建ち、正面に志賀高原のシンボルの笠岳を望むホテル。自慢は良質な天然温泉。ほたる温泉地区でも珍しい濁り湯で、温度により白濁色から乳緑色に色が変化するという湯の花が浮かぶ硫黄泉だ。その温泉を湯情豊かな大浴場と、2005年に新設された露天風呂にてかけ流しで愉しめる。ホテルは、ハイキングや登山の起点にほど近く、7〜8月は周辺でゲンジボタルも見られる。
  • 志賀高原 ホテル一望閣

  • posted by nobrabra at 18:28| 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。